ダイエットと睡眠の関係

ダイエットと言えば運動や食事に気を付けたりしますが、運動や食事と同じように気を付けたいのが睡眠です。

睡眠はダイエットにおいて大きく影響しているそうです。

寝不足になると、食欲を抑えるホルモン「レプチン」の分泌が減り、食欲を高めるホルモン「グレリン」の分泌が増えるそうです。

寝不足を解消するより良い睡眠時間を得るには2つの栄養素を摂ることがおすすめだそうです。


1つ目の栄養素はタンパク質を構成するアミノ酸のひとつ「トリプトファン」で、脳の中に存在するセロトニンを作り出し、夜になると快眠を促進するメラトニンに変化します。

「トリプトファン」は、体の中で一部合成は可能ですが十分に作れない為に、食べ物などから摂取しないといけませんが、時間が掛かる為に朝食に摂取するのがおすすめとのことです。

「トリプトファン」はアミノ酸のひとつなのでタンパク質を多く含む、肉類、魚類、卵類、大豆製品などから摂取するのが良いそうです。


もう1つの栄養素は、「ビタミンB6」で先ほどの「トリプトファン」がセロトニンになる為に不可欠な栄養素ということです。

なので朝食には「トリプトファン」と「ビタミンB6」を一緒に摂取することが良いそうです。

「ビタミンB6」が多く含まれている食品は、まぐろ、さば、バナナ、アボカド、ブロッコリー、モロヘイヤなどになります。

また、サプリメントで摂取するのも良いかもしれません。


ネイチャーメイド ビタミンB6(80粒入(40日分))【ネイチャーメイド(Nature Made)】


L-トリプトファン 500mg 120粒 NOW Foods(ナウフーズ)